クレジットカード現金化は本当にバレない?

内緒にしていたクレカ現金化がバレてしまった女性

社会人になると、急に現金が必要になる場面が多々訪れます。
消費者金融から借りるのが最も手っ取り早く、確実な方法ではありますが、家族や恋人・職場に金欠であることがバレてしまいかねません。

そんなときに活用したいのがクレジットカードの現金化です。

クレカのショッピング枠を使うためクレジットヒストリーを傷つけず、最速で3分、長くても1日くらいで現金化することができます。
懸念事項がないわけではありませんが、デメリットを上回るメリットを得られるケースもあるため、多くの人々から親しまれているのです。

「周囲に絶対バレたくない!」
そんな人たちにうってつけな、クレジットカード現金化のポイントについて解説いたします。

業者選びのポイントは?

クレジットカード現金化は申し込みする際に、身分証明書と銀行口座を業者に公開する必要があります。
顧客の個人情報は、時にお金で売買されるほど貴重なものであり、どんな業界の会社でも欲しがるものです。
万が一悪徳業者に渡ってしまったら、その金目当てに様々な場所へ個人情報を売られてしまうでしょう。

つまり、優良業者を選ぶことは個人情報を守る上で一番重要なポイントなのです。

どこまで情報を渡しても問題ないかを把握し、余計な情報まで要求してくる悪徳業者撃退に備えておきましょう。

業者に公開する必要のある情報

様々な身分証明

クレジットカード現金化業者に実際に公開しなければならない情報は以下の通りです。

氏名
住所
電話番号
口座番号
カードの情報

このうち氏名と住所についてはパスポートや免許証など身分証に記載のあるものです。

電話番号は業者によりますが、必須であることが多いです。
固定電話の番号である必要はなく、携帯の電話番号で構いません。


口座番号を教えても問題はない

よく口座番号を公開することに不安を覚える方がいるようなのですが、口座番号を公開すること自体は全く問題ありません。

銀行口座の番号を業者に教えたからといって、あなたの口座から不正にお金を引き出すことは不可能です。
銀行口座絡みで犯罪が起きるとすれば、口座番号を自ら公開している「物乞い・こじき行為」によるもので、お金を引き出すところかお金を振り込ませるという真逆のもの。

そのため、銀行の口座番号を教えても大丈夫です。ご安心ください。

個人情報を守るための利用方法

個人情報を守りながらクレカ現金化を申請する
01専用のメールアドレスを作る

クレジットカード現金化を申込みする際には普段利用しているメールアドレスの利用は避けることをお勧めします。
万が一悪徳業者に当たってしまった場合、メールアドレスから個人情報が漏れてしまうことを防ぐためです。

特に職場や仕事で使っているメールアドレスを使うことは絶対にやめてください。
メールアドレスを検索されて、職場がバレてしまう可能性があります。

Gmailなどお馴染みのフリーメールなどであれば、比較的問題が無いように思いますが、実はGmailは乗っ取り被害が多発しています。
個人情報の送信に利用したメールアドレスが乗っ取られては困りますよね。

また申し込みはメールでするようにしましょう。
理由は申込日時が管理しやすいことと、やり取りの詳細がメール上に記録されるということです。

02不正利用リスクの少ない業者を選ぶ

カードの暗証番号や裏面のセキュリティコードは絶対に業者に伝えないようにしましょう。
悪徳業者にこの2つと利用期限の年月が知られてしまうと、不正利用されてしまう可能性が高まります。

キャッシュバック式のクレジットカード現金化業者は、カードの情報を公開しなくても利用できることから人気を集めています。
逆にカードの画像の送信を求めてくる業者の利用は要注意です。

したがって、カードの詳細情報を提示しなければならないクレジットカード現金化業者は絶対に利用しないようにしましょう。

03個人情報保護法に記載があるか確認

顧客の個人情報の管理がしっかりしている業者を選びましょう。
意識が高い業者は、Webサイトに個人情報保護法に関する記載があります。

個人情報保護法に関する記載が無い場合は、個人情報が流出してしまった場合に責任を取りたくない業者と見てください。
クレジットカード現金化を利用するためには、カードと身分証の画像を業者に送る必要があります。

あなたの個人情報を確実に流出させないためにも個人情報に関する記述がしっかりとされている業者を選んでください。

04金券の購入はNG

Amazonギフト券やiTunesギフトなど金券を利用したクレジットカード現金化はあまりお勧めできません。
これらのように普段あまり購入しないものを頻繁にカードで購入すると信用情報機関にマークされやすく、カードの利用停止になってしまう恐れがあります。

クレジットカードをクレカ現金化のために利用することは、カード会社の規約違反に当たります。
カード会社とトラブルを避けるためにも、できるだけ金券を利用したクレジットカード現金化は避けてください。

05Skypeでオンライン電話番号を取得

こちらも必須ではありませんが、普段使わない電話番号を取得しておくのも良いと思います。
電話番号からLINEやFacebookのアカウントが判明してしまうことがありますので、細かいところまで気にしたい方はSkypeなどのサービスを利用して電話番号の取得をお勧めします。

Skype番号」を取得すればSkypeアプリから固定電話にかけられるようになります。
またあなたのSkype番号に固定番号からかけることも可能です。料金も大変お手軽でお勧めです。

現金化に最適なネットバンキングについて

ネットバンキングを利用するイメージ

全ての銀行に対応しているクレジットカード現金化業者はあまり多くありません。
振込手数料やモアタイムシステム対応の問題で、「提携銀行の口座のみ」の対応となっている業者もチラホラ散見されます。

その中でも、ゆうちょ銀行楽天銀行PayPay銀行(旧・ジャパンネット銀行)大体のクレジットカード現金化業者で提携があるようです。
ネットバンキングの口座はオンラインで申し込みが可能で比較的簡単に作れるので、まだお持ちでない方は作ってみてはいかがでしょうか?

迷ったらゆうちょダイレクト!

ゆうちょ銀行のゆうちょダイレクト

全国的にみて、ゆうちょ銀行の口座を持っている方は比較的多いかと思います。
もし新しい銀行口座を作ることに抵抗がある場合は、ゆうちょ銀行のネットバンキングサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

ゆうちょ銀行の「ゆうちょダイレクト」に申し込みすれば、あなたのゆうちょ銀行の口座をそのままネットバンキングの口座として利用することができます。
ゆうちょダイレクトはネット上で簡単に申し込むことができるので非常にお手軽です。

ゆうちょダイレクトのお申し込みは以下のページからご覧ください。

参考ゆうちょダイレクトのお申し込み-ゆうちょ銀行
https://www.jp-bank.japanpost.jp/direct/pc/sinki/dr_pc_sk_index.html

新しく作るなら楽天銀行!

ネットバンキング大手の楽天銀行

新しく口座を作ることに抵抗が無い方は、楽天銀行をオススメします。

楽天銀行は皆様も御存知の通り、大手ネット通販サイト楽天が運営するネットバンキングです。
通販サイトと連携することにより、様々な特典を利用できるのでオススメのネットバンキングと言えるのではないでしょうか。

楽天銀行で口座を作って運用するだけで楽天ポイントが貯まり、それを通販で利用できるというサービスを行っています。
節約が好きな人や専業主婦にはとっても嬉しいネットバンキングサービスとなっております。

こちらもスマホから申し込みすることができ、なんと最短2日で口座を開設することができるのでとても便利です。
詳しい情報は楽天公式ホームページをご確認ください。

参考口座を開設する|楽天銀行
https://www.rakuten-bank.co.jp/account/

15時以降の即日入金!モアタイムシステムでもっと便利に!

24時間ネットバンキング可能なモアタイムシステムイメージ

モアタイムシステムとは銀行利用者のニーズに応えてほぼ全ての銀行間において24時間いつでもリアルタイム着金を可能にしたシステムのことです。

このサービスは2018年10月に開始されており、当初は参加していない銀行も多く存在していましたが、今では大抵の銀行がモアタイムシステムに対応しています。
モアタイムシステムの参加銀行の情報については「一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク」が以下のページでまとめています。

参考全銀システム稼動時間拡大のサービス提供開始当初の参加金融機関について
https://www.zengin-net.jp/announcement/pdf/announcement_20180830_02.pdf

ギフト券やチケット類の転売は危険?

買取型クレカ現金化のリスクイメージ

クレジットカード現金化には主に「買取式」と「キャッシュバック式」の2種類の方法がありますが、買取式を採用しているクレジットカード現金化業者の利用は違法になってしまう可能性があります。

買取式というのはギフト券新幹線のチケットなどを金券ショップでカードで購入し、業者に転売することで現金を手に入れる方法です。
新幹線のチケットやギフト券など普段あまり買わないものを頻繁にカードで購入していると、信用情報機構からマークされやすい傾向にあります。

当サイトではオンラインで申し込みができるお手軽で安全なキャッシュバック方式の優良店を比較した上で厳選し、ご紹介していますのでもしよければ参考にしてみてください。

同じ業者を続けて利用すると危ない?

クレジットカード現金化を継続的に利用したい方は、同じ業者を繰り返し利用することは避けておいたほうが無難です。
キャッシュバック方式の優良店は安全で違法ではありませんが、念には念を入れて、同じ業者を立て続けに利用しない方が吉です。

クレジットカード会社と協定を結んでいる業者はあえて避ける

クレジットカード現金化業者の中には、カード会社と協定を結んでいると宣伝しているものがあります。

これらの業者は一見安全に見えますが、クレジットカード会社がクレカ現金化業者と協定を結ぶことはありません。
そういった業者は悪質なクレジットカード現金化業者である場合が非常に多いので注意してください。

たとえ悪質ではなくても、信用情報機構にすでにマークされてしまっている業者である可能性が非常に高いです。

優良店は通信販売の注文の履歴とカード決済が残るだけ

クレジットカード現金化業者の中でもウェブから手軽に申し込むことのできる優良店の利用でカード会社にバレることはあり得ません。

クレジットカード会社にはクレジットカード現金化を利用しても、記録上は通信販売サイトや有名ブランド店、家電量販店などの注文の履歴とカード決済が残るだけになります。

カード会社にはあなたが通常通りカード払いでショッピングしたという記録しか伝わりませんのでバレることはありません。

クレジットカード現金化目的でカードは作成しない!

クレカ現金化だけのためにカードは作らない

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、カード会社の規約には反している場合が多いです。

基本的にはクレジットカード現金化は通常のショッピングとして処理されるので、規約違反としてカード会社や信用情報機構にバレてしまうことは考えづらいです。

ただしクレジットカード現金化を利用するためだけにカードを作成することはやめておきましょう。
クレジットカード現金化はあくまで、経済的に辛い月にたまに利用する手軽な現金を作る方法と考えてください。

カード会社にバレたくない方へおすすめのクレジットカード現金化業者

長い歴史と実績を持つ最大手
Relief(リリーフ)

Relief(リリーフ)の画像
最大換金率 最短振込時間
99.5% 5分
(初回)
評価(5.0点満点)
換金率 スピード 実績 総合
4.9 4.6 5.0 4.8

20年以上の歴史を持っている超老舗の現金化業者です。
カード事故が起きていないのは、運営歴の長さから窺い知ることができるでしょう。

換金率や振込時間についても申し分なく、現金化初心者から玄人まで幅広くオススメできます。
クレジットカードの現金化をお考えの方は、ぜひリリーフを選択肢に入れてみてください。

期待の新人業者
お金のレスキュー隊

お金のレスキュー隊の画像
最大換金率 最短振込時間
98.7% 5分
(初回15分)
評価(5.0点満点)
換金率 スピード 実績 総合
4.7 4.7 4.6 4.7

2020年開業の新規業者ですが、早くも多くの人々がお金のレスキュー隊を利用しています。
そんな中でもカード事故は起きておらず、安全性に対して非常に配慮していることが分かります。

リリーフと比べるとまだまだ実績は足りませんが、真摯な運営方針は今後も期待が持てそうです。