携帯キャリア決済で後払い現金化

キャリア決済とは

キャリア決済とは~メリット・デメリット・使い方

キャリア決済とは携帯電話・スマートフォンの利用料金と合算して支払う後払い決済です。
原則としてdocomo、SoftBank、auのキャリアで契約している方が対象で、Y!mobileやUQ mobileなどキャリアが直接提供する格安スマホでも利用できます。
楽天モバイルはGooglePlayストアなど一部のみキャリア決済に対応しています。

ネット決済専用

キャリア決済が使えるのはネット決済のみです。
AmazonなどのECサイトやHuluなどのネットコンテンツのほか、映画館など一部のチケット購入でも利用できます。
使えるお店はキャリアによって違いますので、公式サイトをご確認ください。


キャリア決済を使うには?

キャリアごとに利用条件が違います。たとえばauかんたん決済はネット上で利用料金の確認や各種手続きができる「au ID」に登録する必要があります。
楽天モバイルは事前にキャリア決済の設定を済ませておかなければなりません。

docomoとSoftBankは申込不要で利用できます。限度額については申請をして増減することが可能です。(増額の場合は要審査)

キャリア決済の使い方
  1. 対象サービスの支払いでキャリア決済を選択
  2. 支払い金額の入力と確認
  3. 支払い画面に進むと携帯キャリアのマイページログイン画面に飛ぶ
  4. IDとパスワード(暗証番号)を入力してログイン認証すれば決済完了

利用するサービスによって若干の違いがありますが、基本的には上記の流れで利用します。
4桁の暗証番号を正しく入力できない場合や限度額を超えている場合は利用できません。

キャリア決済を使った現金化術

キャリア決済を使った現金化術比較

キャリア決済を現金化する方法は次の2種類が主流です。

  • キャリア決済現金化の専門業者を使う
  • Apple Gift Card、GooglePlayギフトカード、Amazonギフト券などを買って売却する

このほか換金性の高い商品を買ってリサイクルショップなどへ売る自力の現金化術もありますが、クレジットカードに比べて使えるお店が少ないので注意してください。
アプリストアやAmazonなど大手ECサイトのギフト券を使えば好条件で現金化できますが、電子ギフトの買取は街中のチケットショップでは扱っていないことが多いです。
キャリア決済はネット決済に特化している特性から、現金化する際もネットの現金化業者や電子ギフト買取業者を使う方法が定番です。

キャリア決済のメリット・デメリット

キャリア決済を使うことによるメリットとデメリット

キャリア決済のメリットは、スマートフォンなどの回線契約があれば面倒な手続き不要で簡単に利用できることです。
クレジットカードを持っていない方や無職の方、未成年者でも限度額の範囲内で手軽にキャリア決済を使えます。
このほか、キャリア決済でチャージできる後払い決済アプリを活用して、店頭決済で使うことやポイントを貯めることも可能です。

さらに携帯電話の支払い方法をクレジットカードに設定している場合は、キャリアが扱っているポイントとクレカのポイントを両方獲得できます。
利息を含めた手数料も一切かからないので、少しでもお得に買い物や支払いをしたい場合はキャリア決済を上手に活用しましょう。

続いてキャリア決済のデメリットを見ていきましょう。

  • 限度額が低め
  • クレジットカードに比べて使えるお店が少ない
  • 家族に通信費以外の出費がバレやすい
  • 支払いが滞ると携帯電話の契約に影響が出る

限度額が低くて使えるお店が少ないなど、利便性はそれほど高くありません。
以前は通話料・パケット代などで月額利用料が変動する要素が大きかったため、家族に内緒でお金を使う目的でキャリア決済を使う需要がありました。

昨今は固定の基本料金のみで収まりやすいプランが主流なので、家族に携帯料金の支払い金額をチェックされる方は注意しましょう。
キャリア決済を利用して支払いが滞ると使っているスマホが利用停止になり、長期滞納すると強制解約および、そのキャリアでの再契約が困難になるペナルティを受けます。

キャリア決済一覧

※表は左右にスライドしてご覧ください。

キャリア決済 申込 対象 限度額 支払い方法 支払い期日
docomo
docomo
ドコモ払い 不要 docomo
ahamo
最大10万円

※ 契約期間に応じて上限1万円・5万円・10万円の3段階
※ 満20歳未満は限度額最大1万円
電話料金合算払い
d払い残高からのお支払い
翌月末(口座振替日)まで
SoftBank
SoftBank
まとめて支払い 不要 SoftBank
LINEMO
ワイモバイル

(Y!mobile対象のワイモバイルまとめて支払いはソフトバンクまとめて支払いと同等のサービス)
満12歳未満 : 最大2,000円 / 月
満20歳未満 : 最大2万円 / 月
満20歳以上 : 最大10万円 / 月

※ 利用状況等を元にソフトバンクが上限の範囲内で限度額を設定
※ 限度額以下で任意に制限をかけることは可能
電話料金合算払い
契約に応じて
毎月10日締め→翌月6日が期限
毎月20日締め→翌月16日が期限
毎月末日締め→翌月26日が期限
※支払い方法がクレジットカードの場合はカード会社ごとの契約内容に準ずる
au
au
auかんたん決済 auIDの登録が必要 au
UQmobile
満12歳以下 : 最大1,500円 / 月
満17歳以下 : 最大1万円 / 月
満19歳以下 : 最大5万円 / 月
満20歳以上 : 最大10万円 / 月

※ 利用状況に応じて変動する場合あり
通信料金合算支払い
au PAY カード支払い
au PAY 残高支払い
WebMoney支払い
クレジットカード支払い
月末締めで毎月10日・25日・月末日のいずれか
クレジットカード払いはカード会社の指定した日
docomo
docomoドコモ払いの公式サイトスクショ
利用可能額 最大10万円
※ 契約期間に応じて上限1万円・5万円・10万円の3段階
※ 満20歳未満は限度額最大1万円
手数料 無料
本人確認・審査 申込・審査不要
※ 回線契約者のみ
支払期日 翌月末(口座振替日)まで
特徴 幅広いデジタルサイトに対応
契約期間に応じて自動的に限度額アップ
d払い残高からの支払いも可能

docomoで契約している方をはじめ、ahamoでも申込不要で利用できます。
一部でコンテンツの月額費もキャリア決済に含められるなど利便性が高く、d払い残高での支払いも可能です。

なお、dポイントを使うことはできず、ドコモ払いはd払いと別の決済サービスになるので注意しましょう。

満20歳以上で回線契約期間が一定以上あれば最大限度額の10万円になるケースが多いです。
限度額に制限をかける設定をした場合を除いて、限度額は自動的に増額されています。
ドコモを長く使っている方は今すぐ10万円のキャリア決済ができる可能性があるので、ドコモ払いの限度額設定値を確認してみてください。

SoftBank
SoftBankまとめて支払いの公式サイトスクショ
利用可能額 満12歳未満 : 最大2,000円 / 月
満20歳未満 : 最大2万円 / 月
満20歳以上 : 最大10万円 / 月
※ 利用状況等を元にソフトバンクが上限の範囲内で限度額を設定
※ 限度額以下で任意に制限をかけることは可能
手数料 無料
本人確認・審査 申込・審査不要
※ 回線契約者のみ
支払期日
契約に応じて
毎月10日締め→翌月6日が期限
毎月20日締め→翌月16日が期限
毎月末日締め→翌月26日が期限
※支払い方法がクレジットカードの場合はカード会社ごとの契約内容に準ずる
特徴 LINEMOでも利用可能
PayPayなど自社グループのサービスが多数
使いすぎ防止機能で独自のパスワード設定が可能

ソフトバンクをご利用の方はMy SoftBank、LINEMOをご利用の方はMy Menuより設定・確認をできます。
Y!mobileをご利用の方はワイモバイルまとめて支払いでキャリア決済することができ、利用条件等はSoftBankまとめて支払いと同等です。

他のキャリア決済に比べた独自の強みは、PayPay残高にチャージできることで、店頭での各種支払い費用に困った際でも役に立ちます。
さらにPayPayアプリで「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」をチャージ方法に設定する際に「チャージPASS」の申込をすれば、VISAの電子プリペイドカードが発行されて幅広い決済で利用できるようになります。

au
auauかんたん決済の公式サイトスクショ
利用可能額 満12歳以下 : 最大1,500円 / 月
満17歳以下 : 最大1万円 / 月
満19歳以下 : 最大5万円 / 月
満20歳以上 : 最大10万円 / 月
手数料 無料
本人確認・審査 auIDの登録が必要
支払期日
月末締めで毎月10日・25日・月末日のいずれか
クレジットカード払いはカード会社の指定した日
特徴 幅広い支払い方法に対応
20歳未満の限度額設定が高め
auPAYカードへのチャージが可能

幅広いデジタルコンテンツの支払いに対応するなど大手ならではのキャリア決済サービスで、ポイントが貯まるauPAYカード払いなど豊富な支払い方法を設定可能です。

18歳・19歳でも最大5万円の限度額設定をできるため、年齢条件によっては他のキャリアよりも高額利用ができます。

利用するにはauIDへの登録が可能ですが、auやUQmobileなどKDDIグループの回線契約を持っている方なら簡単に登録することができ、携帯料金の確認や各種手続きができるのでキャリア決済以外の目的でもauIDに登録しておくメリットがあります。

キャリア決済で損をしない方法

キャリア決済は手数料が無料なので、利用方法の違いなどで損する要素が少ないです。
現金化する際は業者・手法によって手数料が変わってくるので、コストと安全性を比較するようにしてください。

ドコモならd払いauならauPAYなどキャリア決済よりも独自の電子決済に注力するキャリアが増えています。
ソフトバンク系のユーザーならPayPay残高チャージを利用してポイントを貯めるなど、小技を上手に活用しましょう。

回線契約期間などの利用実績に応じて適用される限度額が決まり、どこのキャリアも最大限度額は10万円です。
キャリア決済のサービス内容は各社で大きな違いがないので、キャリア決済を目的に携帯キャリアを変えるのではなく、現在使っている回線契約でキャリア決済するのがセオリーです。

おすすめキャリア決済現金化業者

キャリア決済現金化を扱っている業者の数が少なく、一部で高額な手数料を差し引く悪質業者が存在します。
また、キャリア決済と言いながら後払い決済アプリを活用した現金化しか扱えない業者がいるので注意してください。
キャリア決済を使ったおすすめ後払い現金化業者を紹介いたします。

即日アリアちゃん
即日アリアちゃんのスクリーンショット
換金率 90%
手数料 200円
営業時間 7:00~22:00(土日祝も営業)
振込最短時間 10分

VISAプリペイドカードが使える後払い決済アプリを活用した現金化サービスがメインですが、キャリア決済にも対応しています。
純粋なキャリア決済ではなく、ソフトバンクユーザーであればPayPayチャージからのチャージPASSなど、VISAプリペイドカードを使った現金化術をサポートしてくれます。
キャリア決済のチャージに対応したVISAプリペイドカードを持っていない方は手間がかかりますが、低コストかつ安全な後払い現金化ができると評判です。

ABCキャッシュ
ABCキャッシュのスクリーンショット
換金率 90%
手数料 0円~145円
営業時間 9:00~18:00(日曜祝日休み)
振込最短時間 10分

数少ないキャリア決済現金化の専門業者です。
クレジットカード現金化も扱っていますが、キャリア決済現金化の方が換金率が高く設定されています。

ドコモ払い、ソフトバンクまとめて払い、auかんたん決済を利用したキャリア決済現金化を初めて利用する際の換金率は90%です。
VISAプリペイドカードなど後払い決済アプリを導入せず、キャリア決済だけで現金化したい方におすすめです。

なお、振込対応時間は平日・土曜の9時から18時で、日曜祝日と夜間には対応していません。
急いでいるシーンでは後払い決済アプリ現金化の活用も検討してみてください。

キャリア決済でよくある質問

4桁の暗証番号を忘れてしまいました。

各キャリアのホームページや問い合わせ窓口をご確認の上、暗証番号の確認か再設定をしてください。

現金化目的でキャリア決済を利用しても平気ですか?

規約違反に該当しますが、限度額設定が低いためクレジットカード会社のような厳しい調査が入ることは少ないです。

格安スマホでも利用できますか?

大手キャリア直営の所を除いて原則利用できません。 一度、利用中の格安スマホに「キャリア決済」のワードを添えてネット検索してみるとよいでしょう。 公式情報が出てこなければ、キャリア決済非対応の可能性が高いです。

中学生でもキャリア決済現金化できますか?

キャリア決済自体は中学生でも利用できますが、限度額が低く設定されます。 また、未成年者では利用できない現金化業者が多いです。 不可能ではないですが、中学生や高校生がキャリア決済現金化をする実用性は低いです。

ブラックもOKですか?

ローン審査などに使われる信用情報と紐付けされないことが多いため、キャリア決済できる会社の回線契約を持っていれば利用できる可能性が高いです。 携帯電話料金の支払いを滞納することが多い場合は、ブラックでなくてもキャリア決済の利用を制限される場合があります。 まずは携帯キャリアのマイページからキャリア決済の利用可能額を確認してみてください。

Amazonで使える?

大手3大キャリアはAmazonでのキャリア決済に対応しています。

分割払いはできますが?

基本的に分割払いはできません。携帯電話料金と合算した一括請求になります。