おすすめ後払い決済アプリ・サービス

後払い決済アプリとは

PAYと書かれたサイコロ

後払い決済アプリとは、後払い機能があるスマホ決済アプリの総称です。
大半のサービスは元々、先払い(チャージ型)や事前登録したクレジットカードで支払うQRコード決済アプリなどで普及していました。

スマホ決済アプリの草分けはPayPayで、この他にもLINE PAY楽天Payメルペイなどが有名です。
そして多くのスマホ決済アプリが、独自の与信で与えた限度額の範囲内で後払いできる機能を追加しています。

このほか、バンドルカードやPaidyなどカードを発行しないバーチャルカードを活用するものが急速に普及しています。

特に、アプリ版のクレジットカード(VISAプリペイドカードを含む)のようなスマホ決済アプリ・後払い決済アプリが人気を集めているようです。
後払い決済アプリはいくつかのカテゴリーに細分化されていますが、持っているクレジットカードの登録や事前の現金チャージが不要でショッピングできるアプリなどが該当します。

当ページでは後払い決済アプリの現金化術から、その場合におすすめできる決済アプリやサービスの選び方、よくある質問までをまとめました。

後払い決済アプリを使った現金化術

後払い現金化の仕組み

仕組みはクレジットカード現金化と同じです。
後払い決済アプリはショッピングなど各種決済で利用することを前提にしたサービスで、クレジットカードのショッピング機能と同様に借入の扱いにはなりません。

そのため、本来は現金に換えるなど資金調達目的の利用ができないのですが、ショッピングとして買った物を買取やキャッシュバックで現金に換える裏ワザのような資金調達法です。

後払い決済アプリを使った現金化術は、クレジットカード現金化と同様に複数の方法があります。

大まかなカテゴリーで分けると、買取型とキャッシュバック型の2種類です。
買取型の場合では、現金化する専門業者を使う方法と、換金率が高い物を買って業者に現金買取してもらう方法の2種類が主な手段となるでしょう。業者にはネット型と店舗型の選択肢が用意されています。

VISAやMastercard等のバーチャルカードが発行される後払い決済アプリであれば、やっていることはクレジットカード現金化とほぼ同じだと考えてもらって構いません。
ちなみにPayPayはJCB、メルペイはMastercardのカードとして扱うことが可能です。

バーチャルカードが発行されない後払い決済アプリだと、対応している現金化業者が少ないので注意しましょう。

後払い決済アプリ&サービスの選び方

自社サービス特化型 PayPay・メルペイ・ファミペイなど
クレジットカード型
(VISAプリペイドカード型)
バンドルカード・Kyash・Paidyなど

自社サービス特化型の場合は、ネット決済がメインなのか、店頭決済がメインなのかが選ぶ際の重要ポイントです。
自社サービス特化型はポイント還元や割引制度を用意していることが多いので、普段からよく使うサービスを活用するとよいでしょう。

クレジットカード型の場合は、限度額とポイント還元・申込方法などが比較ポイントです。後払い決済現金化を目的にしている場合は、クレジットカード型をおすすめします。

後払い決済アプリ&サービス一覧

バンドルカード
バンドルカードの公式サイトスクショ
利用可能額 3,000 ~ 50,000円
手数料 3,000円 ~ 10,000円 : 510円
11,000円 ~ 20,000円 : 815円
21,000円 ~ 30,000円 : 1,170円
31,000円 ~ 40,000円 : 1,525円
41,000円 ~ 50,000円 : 1,830円
本人確認・審査 SMS認証
支払期日 翌月末
特徴 SMS認証のみで最短5分申込
VISAプリペイド型スマホ決済アプリの定番

バンドルカードは年齢制限なしのSMS認証だけでVISAプリペイドカード・バーチャルカードを作れる定番の後払い決済アプリです。
「ポチっと」チャージは別途申込が必要ですが、こちらもSMS認証を中心にした簡単手続きで利用できます。

利用額に応じて手数料を取られますが、とにかく早く後払い決済アプリを利用したい方におすすめです。
アプリのインターフェイスが見やすいので、後払い決済アプリを初めて利用する方や身分証が手元にない方から選ばれています。

Kyash
Kyashの公式サイトスクショ
利用可能額 3,000 ~ 50,000円
手数料 3,000 ~ 10,000円 : 500円
11,000 ~ 20,000円 : 800円
21,000 ~ 30,000円 : 1,150円
31,000 ~ 40,000円 : 1,500円
41,000 ~ 50,000円 : 1,800円
本人確認・審査 SMS認証・メールアドレス認証・公的書類(任意)
支払期日 翌月末
特徴 いつでもリアルタイム審査
アプリだけで共有の口座を作れる
SMSとメール認証のみ利用可

VISAプリペイド型後払い決済アプリの定番「バンドルカード」に対抗する形で登場したサービスで、バンドルカードより若干手数料が安いです。
本人確認書類不要ですぐに使えるなど利便性とお手軽感が魅力なことに加えて、家族や友人と共有の口座を簡単に作れることが大きな特徴です。

金銭管理を誰かと共有したい方や、調達した資金を申込者以外の人と一緒に使いたい方から選ばれています。
アプリの使い勝手が良くて家計簿機能など使ったお金の管理がしやすいので、こうした付加価値に魅力を感じられるかが選ぶ際のポイントです。

Paidy
Paidyの公式サイトスクショ
利用可能額 設定なし
手数料 コンビニ払い : 356円
本人確認・審査 SMS認証必須・本人確認書類(任意)
支払期日 翌月10日or定額払い
特徴 本人確認書類提出で3回の分割払いに対応
セキュリティの信頼性が高い
手数料無料

Paidy(ペイディ)はスマホ決済アプリの大手で、あと払いペイディもSMS認証のみで簡単に申し込みできます。
任意で本人確認書類を提出すれば3回までの分割払いが可能で、コンビニ払い以外の支払い方法を選べば手数料無料です。

セキュリティがしっかりしていて、決済する際はSMS認証で取得する4桁の認証コードを使用します。
最短5分のスピード発行やリアルカード発行に対応するなど、総合力が高い後払い決済アプリです。

B/43(ビーヨンサン)
B/43(ビーヨンサン)の公式サイトスクショ
利用可能額 3,000円 ~ 50,000円
手数料 3,000 ~ 10,000円 : 500円
11,000円 ~ 20,000円 : 800円
21,000円 ~ 30,000円 : 1,150円
31,000円 ~ 40,000円 : 1,500円
41,000円 ~ 50,000円 : 1,800円
本人確認・審査 本人確認書類
支払期日 翌月末
特徴 家計簿プリカ
2人で共有できる
計画的にお金を使うサポート

B/43(ビーヨンサン)は家計簿プリカをコンセプトにしたVISAプリペイド型スマホ決済アプリで、あとばらいチャージ機能が用意されています。
本人確認書類をアプリ上で提出すれば最短5分ほどで利用することができ、あとばらいチャージも利用毎の都度審査で即時利用可能です。

決済履歴を自動的に家計簿機能でまとめてくれるほか、カテゴリー別に使う予算を決めて金銭管理のサポートをしてくれる機能が好評です。VISAを使えるお店ならどこでも利用可能で、初回はリアルカードを無料で発行してもらえます。

BANKIT
BANKITの公式サイトスクショ
利用可能額 3,000円or6,000円
手数料 ご利用1回あたり300円
本人確認・審査 本人確認書類
支払期日 任意(チャージ翌日から翌月末)
特徴 1回の利用額が定額
QUICPay対応
おたすけチャージ+(プラス)

BANKIT(バンキット)は「おたすけチャージ」と「おたすけチャージ+(プラス)」による2つの後払い決済機能を用意したアプリです。
「おたすけチャージ+(プラス)」は、本格的なクレジットカード(バーチャルカード・リアルカードの双方に対応)で、申込した場合は新しくクレジットカードの番号が付与されます。

普通のクレジットカードと同等の審査がありますが、50万円の高額な限度額設定が可能でキャッシング機能も付いてきます。
おたすけチャージはすぐに利用できる簡易的な後払い決済機能で、1回の利用額は3,000円と6,000円から選ぶ流れになり、審査に通れば定額かつ少額の後払い決済を繰り返し利用することが可能です。

ultra pay
ultra payの公式サイトスクショ
利用可能額 設定なし(都度審査)
手数料 5万円未満 : 330円
5万円以上 : 660円
※ コンビニ払い時
本人確認・審査 電話番号認証・メールアドレス認証
支払期日 翌月末
特徴 秒で作れるプリペイトVISAカード
GMOの後払い決算アプリと連携

ultra pay(ウルトラペイ)はプリペイトVISAカードを簡単に作れるスマホ決済アプリです。
自社サービスは完全前払いのみの対応ですが、GMOペイメントが提供する「こんど払いbyGMO」と連携しています。

こんど払いbyGMOは、会員登録不要で決済をする度にメールアドレスと電話番号認証をすれば後払いができるサービスです。
ultra payを使わなくても利用可能ですが、アプリの中で履歴を残したり資金管理をしたりする場合や、既にultra payを使っている方、プリペイトVISAカードが使えるスマホ決済アプリとこんど払いbyGMOの併用を考えている方にオススメです。

メルペイ
メルペイの公式サイトスクショ
利用可能額 1,000円 ~ 300,000円
手数料
本人確認・審査 自動引落し
※ 残高以外の清算方法は300円
支払期日 翌月の月初 ~ 月末
特徴 最大30万円の限度額設定可能
メルカリで利用可能

メルカリ残高を電子マネーとして使えるメルペイの後払い機能です。
昨今はコンビニなど身近な店舗でメルペイを使える所が増えているほか、メルカリでのショッピングも後払いで利用できます。

メルカリは商品券など換金性の高い商品の出品に厳しいので、資金調達目的でメルペイスマート払いを使おうとしている方は注意してください。
アプリ内で商品を買い、届いた商品を売るといった形で後払い現金化したい方にオススメです。

atone
atoneの公式サイトスクショ
利用可能額 50,000円
手数料 原則無料
※ 口座振替以外の請求だと手数料209円
本人確認・審査 SMS認証・本人確認書類
支払期日 翌月
特徴 ネット決済に特化
原則、メールアドレスと電話番号認証で使える

atoneは後払い専用の決済アプリで、メールアドレスと電話番号認証をしてログインするだけで簡単に利用できます。
メインは身分証提出不要の手軽なネット決済専用ツールですが、審査状況に応じて身分証提出を求められることがあり、別途申込をすれば店舗での決済も可能です。

限度額が一律5万円に設定されていますが、使えるお店自体が多くないので注意しましょう。
利用した際はNP後払いと共通のポイントが付与されます。

NP後払い
NP後払いの公式サイトスクショ
利用可能額 55,000円
手数料 無料
本人確認・審査 SMS認証
支払期日 請求書の発行から14日間以内
特徴 取扱店舗が増加中
ポイントが貯まる

NP後払いは払込票を使った後払いツールとして普及した歴史を持ちます。
現在も現金派や商品が手元に届いてから支払いをしたい方から人気です。

後払い決済でも溜まるNPポイントは、NPポイントは商品との交換や懸賞への応募で使います。
限度額は業界トップクラスの一律55,000円で、ドラッグストアやスーパーなど一部の大手チェーンが店舗でのNP後払いに対応するケースが増えています。

後払いワイド
後払いワイドの公式サイトスクショ
利用可能額 最大30万円
※ 初回10万円
手数料 初回と口座振替は無料
※ コンビニ払い2回目以降は有料
本人確認・審査 SMS認証・本人確認書類
支払期日 ご利用日から最大2ヶ月後(毎月1日)or定額払い
特徴 最大30万円の限度額
初回のコンビニ払い手数料無料
ECサイトの決済に特化

業界トップクラスの高額な限度額設定に対応しているため、高価な商品の購入時に便利です。
ただし加盟店が少なく、ECサイトの中でもマイナーなサービスが中心になるので注意しましょう。

また、審査が即日対応できるのは9:00 ~ 20:00で、20時を過ぎると翌日の審査になってしまいます。
現金化など資金調達目的では使い勝手が悪いですが、対応しているECモールで欲しい物がある方にオススメの後払い決済アプリです。

PayPay
PayPayの公式サイトスクショ
利用可能額 5,000円 ~ 50,000円
手数料 1回払いは無料
本人確認・審査 身分証明書・引き落とし口座の情報・勤務先情報
支払期日 翌月27日
特徴 スマホ決済アプリの大手
キャンペーン多数
取扱店舗が多い

スマホ決済アプリの大手PayPayも後払い決済アプリとしての一面があります。
アプリから簡単に申し込むことができますが、勤務先情報や引き落とし口座の登録が必要です。

手間がかかる割に利用可能額が平均的な水準ですが、キャンペーンを上手に活用すれば、あと払いの申込&利用で高額ポイントを得られる場合があります。
ポイント目当てで利用する方が多い後払い決済アプリですので、最新のキャンペーン情報をチェックしてみてください。

ファミペイ
ファミペイの公式サイトスクショ
利用可能額 最大10万円
手数料 1回払いは無料
本人確認・審査 身分証明書・引き落とし口座の情報・勤務先情報
支払期日 翌月27日
特徴 スマホ決済アプリの大手
キャンペーン多数
取扱店舗が多い

ファミリーマートのスマホ決済アプリで、引き落とし口座を設定すれば手数料無料で翌月払いができます。
ファミペイが使える提携店が増えているため利便性が高く、後払い決済アプリ屈指のポイント還元率を誇ります。

さらに最大6ヶ月まで支払い日を翌月27日に繰り越せるスキップ払いに対応していて、実質年利は6.0 ~ 13.0%ほどです。
ネット決済に弱いなど現金化での活用は使い勝手が悪い一面もありますが、お金に困った時にコンビニでの支払い負担を軽減できる理由で人気を集めています。

Tポイント×QUICPay
Tポイント×QUICPayの公式サイトスクショ
利用可能額 ペイディと同じ(設定なし)
手数料 コンビニ払い : 356円
本人確認・審査 電話番号発信
支払期日 翌月10日まで
特徴 ペイディと提携した後払い決済アプリ
Tポイントが貯まる

名称の通りTポイントカードにQUICPayが付いたスマホ決済アプリです。
後払い決済はペイディと提携したサービスになっていて、ペイディと同じくアプラス所定の審査があります。

申込&利用など条件達成でポイントがプレゼントされるキャンペーンもあるので、Tポイントを貯めている方は利用するメリットが大きいです。
口座振替なら手数料無料で利用できるなど、後払い決済アプリとしてのスペックもまずまずです。

みんなの銀行
みんなの銀行の公式サイトスクショ
利用可能額 最大5万円
手数料 月額600円
※ プレミアムサービス費
本人確認・審査 SMS認証・本人確認書類
支払期日 支払い期日なし・1年毎の自動更新
特徴 手数料無料で更新時まで支払い期日なし
スマホだけで即日口座開設できるネットバンク
600円の月額固定費用

後払い決済アプリの中でも珍しい、ネットバンクが提供するサービスです。
支払い期日が定められていないため、利用に伴う手数料・利息無料で支払い日を長期にわたって先延ばしにできます。

後払いサービスの「カバー(Cover)」は月額600円のプレミアムサービス会員向けの付帯サービスで、預金口座の残高不足時に自動で立て替えする機能も付いています。
他行への振込手数料が月10回まで無料になるなど、プレミアムサービスの特典を活用できる方におすすめの後払い決済アプリです。

後払い現金化で損しない方法

スマホとお金のイメージ

後払い決済アプリはスマホひとつで簡単に利用できるものが多いですが、手数料がかかるものや現金化業者が扱っていないケースがあるなど注意点が多いサービスです。

後払い現金化を利用するなら、専門業者の取り扱いが多いVISAのネット決済ができる後払い決済アプリを選ぶとよいでしょう。
お得に利用するには、利用時や支払時の手数料が無料のものを選ぶようにしてください。

ほかにも1回の決済限度額が大きいものや、日常で使いやすいスマホ決済アプリ、ポイントを貯めやすいサービスを選ぶことが大切です。

後払い決済アプリでよくある質問

業者が後払いで立て替えてくれる理由が分かりません。

借入の扱いにはなりませんが、返済しなかった場合は信用情報機関に事故情報として記録される場合があります。
また、SMS認証によって使用している携帯電話番号に問題が生じることもあります。
簡単な手続きの中でも本人確認をしっかりすることで、未払いを起こす人の割合が低くなる。
こうした信用の元で成り立っているサービスです。

どの後払い決済アプリも大きな違いはないですよね?

クレジットカードや消費者金融などに比べて、後払い決済アプリは種類によってサービスの違いが大きいといえます。
使えるお店や手数料などをしっかり比較して選ぶようにしてください。

手数料や利用条件が思っていたのと違いました

後払い決済アプリは歴史が浅いサービスで、各社が随時利用条件などを改定しています。
必ず公式サイトから最新情報を確認してください。

スマホが格安SIMですが利用できますか?

SMSを受信できるなど後払い決済アプリの利用条件を満たせば利用可能です。

現金化しないで日常の出費や支払いを後払い決済アプリで済ませればいいのでは?

はい。後払い現金化をしなくて済むのであれば利用しない方がいいです。
どうしても現金が必要なシーンで役に立つ資金調達法です。

規約違反でペナルティを受けないのですか?

クレジットカード現金化に比べて限度額が低く設定されているので、比較的安全です。
ノーリスクではないので信頼性の高い現金化業者の利用をおすすめします。